服薬指導の必要性|早く異常を発見して治療する|大腸内視鏡検査も役に立つ
ドクター

早く異常を発見して治療する|大腸内視鏡検査も役に立つ

服薬指導の必要性

婦人

服薬によって治療を行っている人は全国に多くおり、服薬を必要とする病気も世界中に数えきれないほどあります。薬は病気を治療したり様々な症状を改善してくれますが、リスクが付きまとうものでもあります。そのため、強い薬は市販に購入することができなくなっていますし、病気によって薬の種類も細かく分けられています。医師に受診することで薬が必要になるかどうかを判断してもらえますが、調剤を行ってくれるのは薬剤師と呼ばれる薬の専門家です。薬剤師は薬を調剤するためだけにいるわけではありません。調剤と同じく重要な仕事を行っており、それが服薬指導なのです。服薬指導は薬を安全に服用するために行われるものであり、正しい服薬指導を受けることが薬によってもたらされるリスクを軽減することに繋がるのです。しかし、服薬指導を必要ないと感じている患者は多く、重要視されていない現状が問題視されています。

薬を処方してもらいに病院へ行くことがありますが、熱がある場合や時間がない場合には早く帰宅したいと感じる人も少なくありません。そのため、薬を受け取ると服薬指導を受けずにすぐに帰ってしまう人もいます。また、処方された薬を飲むだけで回復すると安易に考えている人が多いことも問題なのです。薬剤師が薬を調剤する場合、なぜ病院を受診したかを聞くことが多いですが、これはどんな症状から判断して薬を処方したのかを知るために大事なことなのです。薬剤師は薬の危険性を知っているため、処方された薬が誤りではないかどうかを知るために確認を行う必要があると判断しています。医師の処方が必ずしも適切だというわけではないのです。そのために薬剤師と連携を取って薬を処方しているのです。服薬指導は、あくまでも患者の安全を考えて行われているということを理解する必要があります。