男女

早く異常を発見して治療する|大腸内視鏡検査も役に立つ

医者

就寝中の呼吸に注意

睡眠時無呼吸症候群は肥満体型の方だけではなく、様々な要因で誰にでも起こりうる身近な病気の1つであることが分かってきています。代表的な症状として挙げられる慢性的ないびきに注意し、気になる場合は早めの診察を受けましょう。

診断

薬が必要な病気は多数ある

服薬は正しい方法で行うことで安全に治療を行うことができます。服薬によって症状を回復させることができる病気も多いため、安心して治療を行うころができるよう服薬指導への理解を深めることが大切です。

婦人

服薬指導の必要性

薬剤師による服薬指導はとても大切なものです。薬にだって欠点はあります。万能薬ではないのです。リスクを知る薬剤師だからこそ、患者の安全のために正しい服薬指導を行うことができるのです。

強い目眩が特徴です

ナース

原因と治療法

医療も進化しましたが、まだまだ防ぐことができない病気はたくさんあります。がんがその一つではありますが、大腸内視鏡検査などの有効な検査できちんと調べることで、早期治療が見込めます。命の危険がないとはいえメニエール病も同じく大変な病気です。これらの病気を治すために、大腸内視鏡検査やその他の最新医療が開発されているのです。「メニエール病」とは、内耳のリンパが増えることにより、水ぶくれになっていることにより、様々な症状があらわれる病気のことを指します。その原因は過度なストレスや睡眠不足、疲労、気圧の急激な変化などが挙げられます。メニエール病の特徴の1つとして、ひどい目眩を生じるということがあります。その持続時間は、10分程度と短時間である場合もありますが時には数時間程度継続する場合もあります。治療方法としては、内服薬を服用することが可能であれば、内服薬をそれが出来ない場合には点滴などを行うことで症状を緩和させる方法が一般的です。ストレス社会と言われて久しい現代において、ストレスが原因となるメニエール病のような病気の患者数は増加すると考えられます。

完治への道

メニエール病は薬を使用して一時的に症状が緩和されたとしても、それで完治するというものではありません。根本的な治療としては、ストレスや睡眠不足といった生活環境を変える必要があります。ただし、メニエール病がなぜ発症するのかということについては、未だ明確にはされていません。そのため、完治は難しいとも言えます。症状を軽減させるためには、早期発見が重要になります。体調に異変を感じた場合には、早い段階で医療機関を受診するようにしましょう。また、メニエール病を発症したからといって、気にしすぎてしまうとそれがストレスとなってしまう可能性もあります。こまめに気分転換をするようにし、悩み過ぎないようにすることも大切です。